2018年7月22日日曜日

読了だったり、森と氷河と鯨〜ワタリガラスの伝説を求めて〜


星野道夫の大ファンだった。

過去形なのは、すでに亡くなられていて、
新たな著作を読むことが出来ないから。

でもやっぱり今でも大ファンです。

この本は星野道夫の遺作。

貧乏性なので、文庫化されるのを待っていた。

C5A48F19-EDB8-4A94-9DB3-5122DA849AF2.jpg

苔むした森、蒼い氷河、ザトウクジラの海……
北極圏の人々に伝わるワタリガラスの神話をテーマに巡る、
南東アラスカからシベリアの壮大な写真紀行。
星野道夫ファン必携の一冊です。
(世界文化社 著書紹介ページより)

一瞬を捉えた写真が、星野道夫の文章と相まって、
その物語まで伝えてくれる。

そして何より、星野道夫の文章の底辺にあるものは、
読むものを優しく包み込む
あまり読み返しをしないたちなのだが、
星野道夫の著作は何度も読み返したくなる。

過去に置いてきてしまったもの、
忘れてはならないのに忘れてしまったもの・・・
何かそんなものを思い出すような、そんな感覚になる。

また、初期の著作を読み返してみたくなった。

にほんブログ村

FC2